総合 > 医療連携科 > かかりつけ医をつくりましょう

医療連携科

かかりつけ医をつくりましょう

県立延岡病院は、宮崎県北地域の中核病院として地域医療機関が対応できない高度医療・二次及び三次救急医療を担うために設立されています。

  1. 外来での高度な検査・診断
  2. 手術などの高度な入院治療
  3. 地域が対応できない二次(重症)・三次(重篤)救急医療

「かかりつけ医」をつくりましょう

  1. 皆様が健康な日常生活をお過ごしいただくための診療や相談ができる、身近な「医師」のことです。
  2. 日頃の健康管理や慢性疾患は、お近くの「かかりつけ医」にご相談し治療をお受け下さい。
  3. 何か体調に変化を感じたときは、まず「かかりつけ医」に受診され病状に応じた治療を受け、更に精密検査や入院が必要な場合「かかりつけ医」からの紹介で、県立延岡病院を受診されますと、よりスムーズな治療を受けることができます。
  4. 外来・入院治療後「かかりつけ医」に逆紹介します。

「かかりつけ医」イメージ図

  • 地域の医療機関が「かかりつけ医」を、県立延岡病院が「高度医療」を担当する【2か所主治医制】となります。
  • 皆様方の中で「かかりつけ医」をお持ちでない方は地域の医療機関の中から「かかりつけ医」を持たれることをお勧めします。

このページの先頭へ