総合  > 看護部  > 認定看護師紹介

認定看護師紹介

認定看護師 Certified Nurse

高度化・専門化がすすむ医療現場において、患者さんやご家族のニーズに応じた高度な看護を提供するため、当院看護部では高度で熟達した知識・技術を有する認定看護師を配置しています。脳卒中・リハビリテーション看護、救急看護、がん化学療法看護、皮膚・排泄ケア看護、新生児集中ケア看護、緩和ケア看護、集中ケア看護の分野の認定看護師が、直接的な看護ケアはもちろん、患者・家族・医療スタッフへの指導や相談を積極的に行い、看護の質の向上を目指し活躍しています。

救急看護認定看護師 森久保裕

DSC_1721森久保.JPG

当院は宮崎県北部において唯一、救命救急センターを備え、二次・三次救急医療施設として緊急度や重症度の高い患者の受け入れを行っています。また急性期医療を担う施設としてICUやHCUなどの集中治療室を備え、災害拠点病院にも指定されています。
救急看護のスペシャリストとして確かな知識と高度な技術を持って、的確な判断に基づいた救命技術・救急看護の実践、および危機的状況にある患者・家族への精神面に配慮した看護を実践していきたいと考えています。そして他職種と協働しながら様々な活動を通じて、安全・安心・良質な医療の提供に貢献していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

救急看護認定看護師 橋口佳慎

橋口さん.jpg

急性期医療を必要とする患者さんやその家族に対し、危機を回避して早期回復ができるよう、最適な看護を提供していきます。
また、心肺蘇生法の講習やシミュレーション教育、救急に関連した研修の案内を行い、地域における救急看護の普及や知識・技術の向上に尽力したいと思います。

 

 

脳卒中リハビリテーション 看護認定看護師 中内健太

syasin.JPG

脳卒中はがん、心疾患に次いで、日本人の死亡原因として三番目に多い疾患です。また、意識障害や麻痺、高次脳機能障害等の後遺症を残すことが多く、脳卒中発症は患者さんとご家族のその後のライフスタイルを大きく左右する可能性があります。
脳卒中リハビリテーション認定看護師として、脳卒中発症直後から、症状重篤化回避のためのモニタリングとケアを行います。また、廃用性症候群予防技術を駆使し合併症予防のための支援を行ってゆきます。そして、社会復帰を目標とした脳卒中後の生活再構築を目指してゆきます。脳卒中を患った患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、病院の枠を超えて脳卒中医療に貢献してゆきたいと考えています。

 

がん化学療法看護認定看護師 児玉典子

image001.png がん研究・新規抗がん剤の開発、導入によりがん化学療法はめざましい進歩を遂げており、それに伴い、長 期的にがん化学療法を受ける患者さんが増えてきています。
がん化学療法の行われる場が入院から外来へ移行していることもあり、患者さんと家族は今まで以上に治療に伴う様々な出来事へのセルフケアを行うことが求められています。
患者さんの持つ力を引き出し、強みとすることで少しでもがんと闘う力となれるよう、目の前の患者さん一人ひとりと真剣に向き合い、共に考え支えていきたいと思います。
また、当院のがん化学療法が安全且つ円滑に実施されるよう他職種との連携を図りながら、認定看護師として実践・相談・指導の役割を発揮していきます。

 

新生児集中ケア認定看護師 小川道子

  小川道子2.jpg

新生児集中ケア認定看護師とは、新生児集中ケアに関する最新の幅広い知識・技術を用いて、急性期にあるハイリスク新生児の身体的ケアおよび新生児の神経行動学的発達と親子関係形成の支援に長けている認定看護師です。現在の日本は、深刻な少子化が叫ばれ、出生数は年々減少しています。しかし、低出生体重児など出生時から集中的なケアが必要なハイリスク新生児は年々増加傾向にあります。さらには小児科医師、新生児科医師の不足も相まって、新生児領域の看護師はその専門性をより高く求められています。
当院の周産期センターは、宮崎県北部において唯一ハイリスク新生児を受け入れることができるNICUを有しているため、県北地域で出生したハイリスク新生児は全て当センターで受け入れ、治療とケアを行っています。私は、認定看護師として①急性期にある新生児看護のスペシャリストとして確かな知識と高度な技術を持って「実践」し、②病棟全体の看護の向上のために「指導」を行い、③新生児看護に携わる看護職員からの「相談」を受け、ともによい看護について考え、解決出来るように支援していきたいと考えています。
多くの方から「活用される」認定看護師を目指して、自己研鑽していきますので、よろしくお願いします。最後に、資格取得のためにご尽力いただいた多くの方々、NICUの仲間達に感謝いたします。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師 外山和孝

外山和孝1.jpg  

皮膚・排泄ケアとは、創傷(wound)・ストーマ(ostomy)・失禁(continence)に関わる看護のことを示し、これらの領域において、実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する事を目的とし看護業務に従事しています。
1997年にストーマケアを基盤として始まり、次第に創傷ケアや失禁ケアへと拡大してきました。また、排泄は人間の基本的ニーズであり、身体の機能低下や社会生活を制限する排泄障害に対して苦痛を取り除き、尊厳を保ち、生きる意欲や人間らしさを取り戻すためのケアを専門的な知識・技術を用いて援助することを目的としています。
当院では、毎月第1月曜日のストーマ外来、病棟看護師と連携した褥瘡対策、失禁に対するおむつの選択等に取り組んでいます。
認定看護師教育課程での学びを少しでも皆様に還元でき、病院の理念である患者さん本位の安全で良質な医療に貢献していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

緩和ケア認定看護師 濱﨑恵子

濱﨑恵子さん.jpg

緩和ケア認定看護師の濱﨑恵子です。
1995年に、専門化、高度化する医療に対応するために認定看護師制度が発足されました。緩和ケア認定看護師は、生命を脅かす疾患を持つ患者さんと家族に対して様々な問題を評価し、少しでも生活の質(QOL)が改善されるように専門的な相談や指導を行う役割があります。
私は、研修中に「スピリチュアルペイン」に興味を持ち、学んだことがあります。スピリチュアルペインとは、終末期患者の人生の意味や罪悪感、死への恐れなど死生観に対する悩みに伴う苦痛のことを言います。臨床の場では、スピリチュアルペインを看護することはなかなか難しい現実があります。その中で私が感じたことは、答えを出すよりも、患者さんと人生について語る時間や、病棟スタッフと患者さんの思いについて話し合うなど、考え続けることが大切と感じました。これから、認定看護師として「生」と「死」について考え、病棟スタッフと共により良い看護が提供出来るように努めてまいります。どうぞ、お気軽に声をかけてください。

 

集中ケア認定看護師 工藤裕子

01.jpg 集中ケアとは、生命の危機的状態にある患者さんとそれを支える精神的危機状態にある家族あるいは重要他者への①生命維持、②全身状態の回復、③二次障害(合併症)の予防、④生活の質(quality of life:QOL)の向上を目指した援助・支援を行うことです。
集中ケア認定看護師はこの領域のエキスパート(専門家)であり、最新の幅広い確かな知識と練熟した看護技術を用いて水準の高い看護提供を行う実践モデルとなり、他のスタッフへ指導・相談を行いながら、組織全体として看護の充実、看護の質の向上を図るための役割を担います。
近年、医療の高度化により重篤な患者さんの回復が可能になってきています。ICUでの生存率が上昇している一方で、ICU退出後、身体的・神経精神的・社会的要因からくる生活の質(quality of life:QOL)の著しい低下が新たな問題となっています。単に「命が助かった」だけでなく、ICU退出後の状況を考慮し、できるだけQOLの保たれた生活に復帰出来るような援助・支援に努めていきたいと考えます。これから、多くの方から活用されるリソース(資源)となれるよう自己研鑽していきますので、宜しくお願いいたします。

 

集中ケア認定看護師 堀口彰一

集中ケア堀口.jpg

集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機状態にある患者様の生命を守るとともに、患者様及びそのご家族に対して状況に応じた最高の安楽を提供すること、そしてこの急性期の時期から、回復に向かう過程において、早い段階からリハビリテーションを行い退院後の生活の質を高める援助を提供することが重要だと思っています。細胞レベルからアセスメントし、根拠ある質の高いケアを提供することを目標としています。
生命の危機的状況にある患者様に対し、重篤化を回避するための看護ケアをスタッフと共に行った結果、患者様が回復に向かうことができた時、看護のやりがいを感じます。
重症な患者様であってもその人が生活者として病院での入院生活を送れるように援助しています。緊急入院をやむなくされる患者様とそのご家族が1日でも早く笑顔になれるようにこれからも支援を続けていきたいと思います。

 

慢性心不全看護認定看護師 荒竹亜希子

CIMG3258.JPG

心不全とは何らかの原因で心臓のポンプ機能が悪くなった状態をいいます。心臓のポンプ機能が悪くなると日常生活に支障をきたすようになります。そのため心不全のケアの目標は生活の質の改善です。そのために、患者さんが心不全を抱えながらも質の高い療養生活を過ごすことができるような最適なケアの提供を目指します。

 

 

感染管理認定看護師 中武和利

中武さん.jpg

感染管理認定看護師の活動は、院内の感染対策のためのラウンド、医療関連感染サーベイランス、耐性菌検出時・アウトブレイク時の対応、感染予防・管理システムの構築、職員の職業感染防止対策等の推進です。
また、感染予防・管理の視点からファシリティマネジメントの推進、パンデミック等の緊急事態を想定した準備と行政や地域を含めての対応、院内と地域職員への感染防止対策に関する教育・指導などがあります。
患者さんやその家族、医療従事者を感染から守ることを責務とし、日々活動しています。

 

このページの先頭へ