総合 > 延岡病院の紹介 > 病院の概要・沿革

延岡病院の紹介

病院の概要・沿革

概要

所在地 延岡市新小路2丁目1番10号 [交通アクセス]
開設年月日 昭和23年9月1日
診療科目(22科) 内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科・周産期科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、救命救急科、臨床検査科、病理診断科
※眼科、神経内科、心療内科、精神科は休診中
病床数(460床) 一般病床 456床、感染症病床 4床
看護 7対1 (平成18年12月1日)
機関指定・承認等 保険医療機関
国民健康保険療養取扱機関
労災保険指定医療機関
第二種感染症指定医療機関
母体保護法指定医療機関
生活保護法指定医療機関
身体障害者福祉法指定医療機関
原爆被爆者指定医療機関
感染症予防法指定医療機関
更生医療指定医療機関
地域医療支援病院
周産期母子医療センター
医師臨床研修病院(基幹型)
歯科医師臨床研修病院(単独型)
災害拠点病院
宮崎県がん診療指定病院
施設認定 血液研修施設
日本アレルギー学会教育施設
日本循環器学会指定専門医研修施設
日本てんかん学会研修施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本外科学会認定医制度修練施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本整形外科学会専門医研修施設
日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所
日本神経学会教育関連施設
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構規則に規定する基幹施設
日本胸部外科学会認定医認定制度規則に規定する指定施設
日本皮膚科学会皮膚科専門医養成のための研修施設
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設
日本産婦人科学会認定医制度卒後研修指導施設
母体保健法指定医師研修機関
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科専門医研修施設
日本口腔外科認定研修施設
日本集中治療医学会専門医研修施設
日本救急医学会救急科専門医指定施設
日本病理学会認定病院
脳死臓器移植指定病院
日本臨床細胞学会認定施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
日本呼吸器学会認定施設
日本透析医学会教育関連施設
救急医療体制 救命救急センター    3次救急医療施設
宮崎県延岡西臼杵医療圏   2次救急医療施設

沿革

年月概要
昭和23年9月 延岡市浄満町にあった日本医療団延岡病院を買収して開院した。
昭和24年12月 現在地に済生会延岡病院及び旧延岡保健所の両施設を利用して移転し、診療科2科(内科、外科)病床数42床となる。
昭和25年2月 診療科3科(産婦人科を増設)となる。
5月 診療科5科(耳鼻咽喉科、眼科を増設)となる。
6月 東病棟、南病棟(木造2階建、延7969m2)を増築し病床数128床となる。
昭和27年8月 南2病棟(木造2階建、延650.1m2)を増築し、病床数178床となる。
昭和28年6月 西病棟(木造2階建、延686.4m2)を増築し、病床数228床となる。
10月 中病棟(木造2階建、延910.8m2)を増築し、病床数288床となる。
昭和31年5月 診療管理棟(永久建物、延3,825m2)の改築に着工した。
6月 診療科9科(小児科、整形外科、皮膚泌尿器科、歯科増設)となる。
昭和32年6月 診療 管理棟竣工、旧本館を病棟に改造し、病床数370床となる。
8月 病棟改築(鉄筋3階建、延2,118.Om2、127床)が竣工した。
10月 病棟改築(鉄筋6階建、延5,137.8m2、283床)を着工した。
昭和39年11月 病床数変更(一般355床、結核140床)。
昭和40年3月 病棟改築(鉄筋6階建、延5,1378m2、283床)が竣工した。
3月 本館病棟を検査室等に改造した。
4月 病床数変更(一般298床、結核112床)
昭和41年6月 病床数変更(一般355床、結核ll2床、伝染40床、合計507床)。
8月 結核病床112床のうち57床を休床し、一般病床355床、結核病床55床、伝染病床40床、計450床となった。
昭和44年4月 脳神経外科を増設した。
昭和50年11月 結核病棟55床のうち39床を一般病棟に変更した。(-般394床、結核16床、伝染40床)
11月 へき地中核病院の指定を受けた。
昭和54年3月 許可病床数の変更(一般420床、伝染40床、結核0床)
平成3年5月 都道府県立病院としては、全国で初めて自治体立優良病院の自治大臣表彰を受賞した。
平成5年3月 病院改築に伴う実施設計を完了した。
11月 病院改築に伴う第1期工事に着手した。
平成6年10月 新看護体系に移行した。(2.5対1看護(A)加算・10対1看護補助)
平成7年10月 病院改築に伴う第1期工事が竣工した。
12月 病院改築に伴い一般病床を377床に変更した。
12月 病院改築に伴う第2期工事に着手した。
平成9年7月 第2期工事が竣工した。
7月 第3期工事に着手した。
11月 新病院の供用を開始し心臓血管外科及び精神科を新設した。
平成10年4月 救命救急センターに指定された。
5月 看護体系を2対1看護(A)加算に移行した。
7月 第3期工事が竣工した。
平成11年4月 感染症新法の施行による病床数の変更に伴い、病床数460床となる。ただし 感染病床4床含む。(伝染病棟は平成12年3月解体)
11月 一部の診療科で院外処方せん発行を開始した。
平成12年3月 全部の診療科で院外処方せん発行を開始した。
3月 感染症新法の施行に伴い、伝染病舎を解体した。
9月 感染症病室整備工事が竣工した。
平成13年3月 救命救急入院料の施設基準を取得した。
3月 紹介者加算4及び外来紹介加算の施設基準を取得した。
平成14年3月 院内ボランティア活動を開始した。
5月 総合放射線治療システムを設置した。
平成15年1月 循環器科を増設し、診療科19科となった。
平成16年4月 結石破砕装置を設置した。
平成17年1月 財団法人日本医療機能評価機構から病院機能評価の認定を受けた。
4月 栄養管理係を栄養管理科に名称変更した。
4月 救命救急科を増設し、診療科20科となった。
平成18年4月 HCU12床を増設。
11月 地域医療支援病院の承認を受けた。
12月 一般病棟7対1入院基本料を取得した。
平成19年7月 7代院長・楠元 志都生 就任する。
平成20年1月 敷地内禁煙を開始した。
2月 地域がん診療連携拠点病院に指定された。
4月 DPC対象病院となり、DPC請求を開始した。
地域周産期母子医療センターに認定された。
平成22年1月 病院機能評価の認定が更新された。(Ver.6)
平成23年3月 第1回県立延岡病院学会を開催した。
平成24年4月 心療内科・精神科の診療を再開した。
  院内保育施設「キッズルーム おひさま」を開設した。
平成25年3月 屋上ヘリポートを備えた新救命救急センターが竣工した。
平成26年4月 8代院長・栁邊 安秀 就任する。
平成27年3月 太陽光発電設備を設置した。
地下水浄化システムを設置した。
平成27年4月 入院支援センターを設置した。
感染管理科を設置した。
平成28年7月 呼吸器外科を開設した。
  (現在に至る)

このページの先頭へ