総合 > 患者さんの権利と責務

患者さんへのご案内

患者さんの権利と責務

 県立延岡病院は、病院の理念に則り、医療の中心は患者さんのためにあることを深く認識し、一人一人の患者さんに次のような権利と責務があることを宣言します。

良質な医療を平等に受ける権利

 社会的地位、人種、信条等を問わず、安全に配慮した良質な医療を平等に受ける権利があります。

知る権利

 病気、検査、治療、予後等について、理解しやすい言葉などで納得できるまで、十分な説明を受ける権利があります。

自己決定権

 医療を受ける際、十分な説明を受けた上で受けるかどうかを自分で決定する権利があります。

尊厳性への権利

 どのような時でも人格を尊重され、尊厳をもって医療を受けることができます。

プライバシー保護の権利

 病院関係者が知り得た全ての個人情報について、保護を受ける権利があります。

責務

  1. 以上の権利を守るため、医師及び医療従事者と力をあわせて医療に参加・協力する責任があります。
  2. 院内の秩序と快適な療養環境を守るため、院内の諸規則を遵守する責任があります。

このページの先頭へ