総合 >  各診療科等の紹介  > 病理診断科

病理診断科

病理診断科の紹介(平成22年4月1日より設置された新たな診療科です)

病理診断科の理念
「的確な病理診断を通じて医師や患者さんのニーズに応えます」

病理診断科の理念
「的確な病理診断を通じて医師や患者さんのニーズに応えます」

病理診断科では患者さんの身体から手術、生検、穿刺等で採取された臓器、組織や細胞より顕微鏡標本を作製して、病気の有無や病気の種類、病気の進み具合などを診断しています。このような検査を病理診断(組織診)、細胞診といい、臨床検査技師、細胞検査士の協力・援助のもとで病理医が担当します。当院は現在、日本病理学会認定病院、日本臨床細胞学会認定病院となっており、細胞検査士の資格を有する検査技師が在籍しています。

平成20年4月1日より「医療法施行令の一部を改正する政令」および厚生労働省令により、“病理診断科”が医業に関して広告できる診療科名(診療標榜科名)となりました。これを受けて、県病院局の承認のもと平成22年4月1日より新たな診療科として病理診断科を標榜しております。

今後は、自分の病気の病理診断をした病理医に直接説明を求める場合や別の病院で作成されたガラス標本を持参する場合(セカンドオピニオンを求めて)など、患者さんのニーズも多様化してゆくことが想定されます。病理診断科ではこのようなご要望にもお応えし、チーム医療に貢献していきたいと思います。この場合、各科主治医もしくは医療連携科を通じて病理診断科の紹介・予約を受けてください。受診された患者さんは、画面を見ながら病理医からの説明を受けることができます。(当分の間、無料です)

    診療内容

  • 病理組織学的診断
  • 細胞診
  • 術中迅速病理診断・術中迅速細胞診
  • 病理解剖
このページの先頭へ