総合 >  各診療科等の紹介  > 外科

外科

外科の紹介

当院の外科は、常勤医4名で診療しています。一般外科・消化器外科を中心に、外科疾患の診断・治療{手術・内視鏡・化学(放射線)療法・緩和ケア 等}に県北の基幹病院の外科として日夜頑張っています。

食道、胃から大腸、肛門までの消化管と肝、胆、膵の消化器外科、縦隔、肺の胸部外科、甲状腺・乳腺外科、さらにそけいヘルニアや先天性肥厚性幽門狭窄症等の小児外科まで、その内容は多岐にわたっています。

診療内容

頭・心臓・手足を除く、内臓一般外科の良性・悪性(がん)の病気を扱っています。

  • 消化器外科:食道・胃・小腸・大腸・直腸・肛門・肝・胆・膵・脾、そけいヘルニア
  • 胸部外科:肺・縦隔
  • 内分泌外科:乳腺・甲状腺
  • 小児外科:そけいヘルニア・その他
  • 先進的医療:腹腔鏡下手術・胸腔鏡下手術・内視鏡的粘膜切除術(EMR)
            内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

一般外来は、月・火・(水・休診)・木・金曜日、外来担当医が診察しています。

月曜日は午後から、水・金曜日は、朝から手術をしています。火・木曜日の午後は特殊検査およびIVR(放射線下治療)をしています。

専門分野・特色

日本外科学会・日本消化器外科学会・日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本乳癌学会の認定修練施設で、専門医取得を目指す外科医には好適な環境は整っていす。腹腔鏡手術、胸腔鏡下手術、内視鏡下手術と先進医療にも取り組んでいます。また、悪性腫瘍(がん)の化学療法や緩和ケア(ターミナルケア)にも、積極的に取り組んでいます。

消化管の透視、内視鏡検査は消化器内科と消化器グループを作り症例検討を行っています。悪性(がん)疾患に対しては、手術(局所療法)のみで治療するのではなく、病態に応じて化学療法・内分泌療法等の全身療法や放射線療法等を組み合わせてのオーダーメイドな治療を目指しています。また、QOL(生活の質)を重視した緩和ケアにも積極的に取り組んでいます。

もちろん外科的救急医療にも24時間体制で対応しています。

外科で使用している主な化学療法レジメン

  1. 食道癌 DCF(ドセタキセル+CDDP+5-FU)、 Low dose F-P など4種類
  2. 胃 癌 SOX(オキサリプラチン+TS-1)、DCS(ドセタキセル+CDDP+TS-1)
         CPT-11+レンチナン+TS-1 など5種類
  3. 大腸癌 mFOLFOX6(2週毎)、FOLFIRI+アバスチン(2週毎) など5種類
  4. 膵 癌 GEM単独3週毎、GEM+TS-1、GEM+CDDP など5種類
  5. 乳 癌 CEF、パクリタキセル+ハーセプチン[Weekly] など10種類
このページの先頭へ