総合 >  各診療科等の紹介  > 脳神経センター(脳神経外科)

脳神経センター(脳神経外科)

脳神経センター(脳神経外科) の紹介

脳神経外科領域の疾患全般にわたり特殊検査・手術を含めた急性期の専門治療を行っています。

診療内容

代表的疾患

  • 脳血管障害
    脳出血、くも膜下出血(破裂脳動脈瘤が主な原因)、一部の脳虚血疾患(脳梗塞、一過性脳虚血発作など)で手術効果のあるもの。
  • 脳腫瘍
    脳実質(脳そのもの)から発生するもの、脳を包む髄膜より発生するもの、脳以外の部位の癌が頭蓋内に転移するもの(転移性脳腫瘍)、下垂体腫瘍、松果体腫 瘍、脊髄に発生するものなど。
  • 小児脳神経外科
    先天性・二次性水頭症、二分脊椎(頭や背中に瘤を形成するもの)など。

脳神経外科の主な症状

  • 意識障害(眠り込んで眼が開かない、ぼーっとしている)、頭痛、めまい、嘔吐、けいれん、麻痺(顔、手足に力が入らない)、手足のしびれ、複視(ものが二つに見える)、視野障害(見える範囲がせまくなった)、言語障害(しゃべりかたがおかしい、ことばがでない、ことばの理解が悪い)、歩行障害、顔面が痛い、痴呆の急速な進行

神経放射線診断

  • 単純X線診断、CT(コンピューター断層撮影)、3D-CT(三次元CT)、MRI(磁気共鳴画像)、SPECT(脳血流シンチ)、脳血管撮影などがあります。

外来診療日  月 水 金(午前)
予定手術日  火 木

救急診察は常時対応しますので、脳神経外科外来(時間外は救急外来)を通じてご連絡ください。

専門分野・特色

当院は、日本脳神経外科学会専門医認定訓練施設に指定されています。

すべての患者さんに手術が必要なわけではありません。手術の効果とリスクを十分検討し、患者さんにとって最も有益な治療を選択します。

脳神経外科病棟は、神経内科と共通の神経疾患専門病棟です。脳血管障害に関しては神経内科と協力し診療しています。

くも膜下出血を起こす前の未破裂脳動脈瘤の治療、脳腫瘍の先端治療(手術・化学療法・放射線療法などを組み合わせた集学的治療)を行ない、重症頭部外傷に対する集中治療(手術・薬物による脳保護療法と呼吸循環管理・体温管理)を積極的に行っています。

また、リハビリ科の協力のもと早期リハビリや栄養管理科と協力し脳卒中再発予防の栄養指導、高齢者に対する退院後のケアー(在宅・施設入所)の相談を行っています。

このページの先頭へ