総合 >  各診療科等の紹介  > 周産期センター

周産期センター

周産期センターの紹介

診療内容

当センターは、平成10年4月に県北地域唯一の早産児・低出生体重児や病的新生児受け入れ施設として開設され、以降、宮崎大学総合周産期センターを中心とした宮崎県周産期ネットワークの一角を担っています。

また、熊本市民病院、熊本大学病院、大分大学病院、鹿児島市立病院などの高次周産期施設との医療連携も行っています。

専門分野・特色

周産期センターは、早産児・低出生体重児や病的新生児の治療を行う施設であり急性期・重症児の集中治療を行う新生児集中治療室(NICU:Neonatal Intensive Care Unit)と回復期のケアを行うGrowing Care Unit(GCU)から構成されています。

母胎紹介(搬送)後の院内出生、もしくは一次産科施設で出生後の新生児紹介(搬送)によりセンターへ入院となります。

現在はセンター医師を中心に、産婦人科・周産期科医師と小児科医師が連携協力し診療に当たっています。

また平成24年より、新生児集中ケア認定看護師が在籍し精力的な活動を行っています。

同じく平成24年より、入院となった赤ちゃんの御家族へのサポートを目的に臨床心理士による面接も行っています。

周産期センター長  土井宏太郎

このページの先頭へ