県立延岡病院の紹介

明日の医療を先導する有志の諸君よ、来たれ!

 本院は、病床数460床、診療23科、平均在院日数15日の急性期型病院であり、宮崎県の延岡西臼杵医療圏と日向入郷医療圏の2つの医療圏の二次・三次救急医療を担っています。
 こうした医療環境のもとで、本院の医師達は当該科の日常診療の中で、がん診療や救急医療を数多く手がけ、高度先進医療手術数も県下有数を誇っています。
 30名ほどの気鋭の指導医を揃え、その多くは、出身大学で研修医指導の経験があり、さらに厚生労働省や大学、自治体病院協議会が主催する臨床研修指導医講習会の履修者が各科に配置されているなど、充実したスタッフと、豊富な症例を通した研修は、他の地域・病院では決して経験できない貴重なものになるものと確信します。
 熱意ある研修医の方々をお待ちしています。

本院の理念 Statement of Purpose

患者本位の良質で安全な医療の提供

基本方針 Basic  Policy

  1. 患者さんの権利を尊重し、理解と納得に基づく安全で信頼される医療を行い、患者さんの立場に立った医療の提供に務めます。
  2. 高度で先進的な医療に取り組み、地域の中核病院として質の高い医療の提供に務めます。
  3. 二次・三次救急医療に取り組み、公立病院として地域住民が安心できる医療の確保に務めます。
  4. 地域の医療機関との連携と地域社会に密着した保健医療活動を進め、開かれた病院として地域の保健・医療の向上に努めます。
  5. 医療従事者として常に知識・技術を高め、質の高い医療の提供に務めます。

病院の概要 Overview

名称 県立延岡病院
所在地 宮崎県延岡市新小路2-1-10 [ 交通アクセス ]
診療科目 内科、循環器内科、心療内科、精神科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、神経内科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科・周産期科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、救命救急科、臨床検査科、病理診断科
※ 眼科、神経内科、心療内科、精神科は休診中
許可病床数 460床
特殊病棟 ICU/CCU、HCU、NICU、GCU
医療外付帯施設 コンビニ(ローソン)、レストラン、職員食堂

沿革 History

年月概要
昭和23年9月 開院 診療科:内科・外科 病床数42
昭和24年12月 現在地に移転
昭和25年2月 産婦人科増設
5月 耳鼻咽喉科、眼科増設
昭和31年6月 小児科、整形外科、皮膚泌尿器科、歯科口腔外科増設
昭和50年11月 病床数変更(一般394床、結核16床、伝染40床)
平成10年4月 リハビリテーション科増設、救命救急センター指定
平成10年7月 全面改築工事竣工
平成11年4月 心療内科増設、伝染病40床廃止、感染症病床4床を含む460床体制
平成18年4月 外来化学療法室開設
5月 電子カルテシステム稼働開始
平成20年4月 DPC対象病院
平成22年1月 病院機能評価の認定更新
平成24年4月 院内保育施設を開設
平成25年3月 屋上ヘリポートを備えた新救命救急センターが竣工
平成28年7月 呼吸器外科増設

主な医療器械・備品

放射線科
CT検査 2台
MRI検査 1台
血管造影装置 2台
リニアック 1台
核医学画像診断装置 1台
乳房撮影装置 1台
一般撮影装置 6台
臨床検査科・病理診断科
多項目自動分析装置 2台
全自動輸血検査システム 1式
総合肺機能検査システム 1式
呼吸抵抗システム
手術室
手術用顕微鏡 4台
人工心肺装置 1台
ホルミウムレーザー(80W) 1台
大動脈内バルーンポンプ(IABP) 3台
経皮的循環補助システム(PCPS) 2式
超音波手術装置 1台

医療機関の承認・指定・届出等 Legal Authorization of Medical Services

医療機関の指定

保健医療機関、国民健康保険療養取扱機関、労災保険指定医療機関、結核指定医療機関、母体保護法指定医療機関、生活保護法指定医療機関、身体障害者福祉法指定医療機関、原爆被爆者指定医療機関、性病予防法指定医療機関、更生医療指定医療機関、地域周産期母子医療センター、救命救急センター、地域災害医療センター、地域医療支援病院、臨床研修病院(医科:基幹型・協力型、歯科:単独型・協力型)

その他  Other Recognized Appronals

(公財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定 審査体制区分3(Ver.1.0)

病院の位置 Location Map

病院の位置 Location Map 宮崎県立延岡病院周辺マップ(Google Map)

このページの先頭へ