患者様さんからの声

病院の意見箱等に寄せられた患者さんのご意見については、各診療科の責任者で構成する全体科長会議、看護師等で構成する看護師長会議等で周知しているほか、それぞれの部署で対応しております。その主なものをお知らせいたします。

車椅子の整備について

2008年11月 1日

外来に来て、車椅子が必要だった。売店側(北口)に車椅子が3台ありましたが、1台は片輪がパンク、1台は空気圧が足りず、1台だけ利用できました。
利用をされない方々にはわからない事だと思いますが、利用する側にとっては、あてにしている事だけに、点検を定期的にするようにお願いします。

点検が疎かになっており、誠に申し訳ありませんでした。
今後は、毎週月曜日に点検することといたしました。

紹介状について

2008年5月 6日

県立延岡病院の紹介状制度を廃止してほしい。県の病院なのに紹介状がないとお金を取られるというのはおかしいと思います。

県立病院は、地域の中核病院として、大きなけがや内臓疾患の症状などで、高度医療機器による精密検査や治療、緊急手術などが必要な患者様を中心に医療を行い、地域の皆様の命と健康を守ることを大きな使命としています。
このため、当院では、診療所や病院から紹介状をいただいた患者様や救急車で搬送された患者様への検査や手術・治療を中心に行い、症状が落ち着いた場合には、紹介元の診療所や病院に戻っていただいて、治療を継続していただくことを推進しています。
紹介状制度
は、このようにして、患者様に良質な医療を提供し、地域の皆様の健康を守っていくための大切な制度ですので、御理解をお願いいたします。

かかりつけ医を持ちましょう。

当院は、「地域医療支援病院」として、かかりつけ医の先生方と協力し、役割分担することで、患者様それぞれへの治療効果の向上と待ち時間の短縮などサービスの向上に努めています。
家族全員が健康な毎日を送り、万一病気になっても、安心して最適な医療を受けるために、かかりつけ医をお持ちになることをお勧めします。待ち時間短縮のためかかりつけ医の先生方にはFAXの予約をお願いしています。

検査時の施設案内について

2007年1月 4日

例えば尿検査とレントゲンをするとき、尿検査は2階、それが終わってから1階に降りてレントゲンをと言われて、どこをどう行っていいのか迷ってしまいます。
小さい地図とかがあればいいと思う。(要約)

誠に申し訳ありませんが、検査機器の配置上、患者様に御足労をお願いせざるを得ません。
早速、1階と2階の案内地図を作成し、各受付と病棟に備え付けました。
わかりにくいときには、お近くの係員にお尋ねください。

郵便局ATMの設置について

2007年1月 4日

郵便局のATMを設置して欲しい。

取扱手数料のかからない郵便局専用ATMの設置希望はかねて承っておりますが、設置者である郵便局によりますと、近くに郵便局がある等々の理由で、本院には設置がむずかしいとのことです。御了承ください。

医師の診療方針等(インフォームド・コンセント)について【2】

2007年1月 4日

救急外来で診察を受け、治療方針を今すぐ決めて欲しいような口ぶりだったので決定したのだが、今すぐできることではないので後日でいいと言われた。
他院からの紹介できたのだが、紹介があったから診てやるというような態度で対応された。
イライラした様子で言われたが、不安で来ている患者や家族にとっては、嫌な思いである。忙しいのであろうが、態度に出すことであろうか?
高飛車な態度、今から何をするのかの説明もなく方針を決定させる態度、診てやっているという態度、言葉遣いだ。
医師の接遇教育、公務員体質の改善、上に立つ者ほど積極的に行ってほしい。(要約)

しっかりしたインフォームド・コンセントの上に立って、良質で安全な医療を提供していくためには、医師の丁寧な接遇態度が基本と考えております。
スタッフ全員が常にこのことを心懸けておりますが、行き届かない点がありましたことを深くお詫び申し上げます。

« 前のページ  1234567891011   »
このページの先頭へ