DPCデータに基づく病院情報の公表

令和4年度 宮崎県立延岡病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 557 145 262 363 402 561 1148 2214 1448 398
【解説】
 高齢化社会を反映して、60歳以上の患者さんの割合が全体の69%、70歳以上の患者さんの割合が54%となっています。
 一方、周産期センター、小児病棟を有していることから、10歳未満の患者さんの割合が7%となっています。
 

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

※件数が10件未満のものは非公開(-)としております。

内科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
130030xx99x9xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 9あり   99 15.7 13.53 0.00% 74.49  
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり   78 18.21 16.47 0.00% 70.72  
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり   72 15 19.67 0.00% 70.03  
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術   58 2.1 2.64 0.00% 66.41  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等2 4あり 53 9.34 9.97 0.00% 79.91  

【解説】

 宮崎県北地区には、血液疾患の治療をおこなう専門施設が当院しかなく、血液の悪性腫瘍の治療は当院でしかおこなっていません。そのため非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群の治療は宮崎県北地区では当院のみとなっています。抗悪性腫瘍薬の治療を主におこなっていますが、患者数は増加傾向にあります。第4位の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は短期入院にておこなっています。消化器内科は消化器外科と共働し診療をおこなっています。また、当院は感染症指定医療機関のため新型コロナ感染症の受け入れもおこなっています。当院での治療は中等症から重症患者についておこなっています。
 

小児科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
040090xxxxxxxx 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  25 4.4 5.89 0.00% 0.8  
040100xxxxx00x 喘息   手術・処置等2なし 定義副傷病なし   25 5.12 6.05 0.00% 4.88  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん   手術・処置等2なし    20 3.25 3.64 0.00% 1.35  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  15 4.27 7.33 0.00% 4.93  
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし  15 3 5.7 0.00% 4.67  
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病なし  15 6 9.48 0.00% 2.47  
【解説】
 当院は、宮崎県北地域で最多の小児病床を有する紹介型の病院です。近隣の小児科クリニックなどから、精密検査や入院加療が必要な患者さんをご紹介頂き、夜間休日も小児科オンコール(呼び出し)体制で診療をおこなっています。
令和4年度の入院数が多い疾患は、①急性気管支炎・急性細気管支炎②喘息③熱性痙攣④てんかん⑤ウイルス性腸炎の順となっております。上位2疾患は、呼吸器疾患になります。RSウイルスやインフルエンザ、ヒトメタニューモウイルス感染症などのウイルス感染を契機に入院するケースが多かったです。新型コロナウイルス感染症流行以前は、RSウイルス感染による入院者数は、例年100名前後でした。新型コロナウイルス流行による外出自粛や手指消毒、マスク着用の影響により、令和2年度の入院者数は11名と過去最低でした。令和3年度のRSウイルス感染による気管支炎、細気管支炎、肺炎などでの呼吸器疾患の入院者数は66名と大幅な増加が見られました。令和4年度は、18名と減少しております。熱性けいれんは子どもによく見られる疾患です。熱性けいれんによる入院者数は、前年度より9名減って20名でした。けいれんの持続時間が長かったり、短時間で繰り返す複雑型熱性けいれんの患者のほとんどが入院となりました。てんかんによる入院者数は、前年度より7名減って15名でした。当科以外では、県北でてんかん患者を診療する医療機関が少ないために、難治性てんかん患者や新規発症患者は毎年、一定数の入院が見られます。ウイルス性腸炎の入院者数は、15名でほとんどがアデノウイルス腸炎とノロウイルス性胃腸炎でした。上位5疾患以外では、59名の子どもの新型コロナ感染症での入院がありました。入院患者総数は、新型コロナ感染が全国的に流行してから、他の医療機関同様に減少しています。特に胃腸炎や風邪など感染症による入院者数の減少が見られます。子どもによく見られる熱性けいれんやてんかんなどの慢性疾患での入院が、相対的に目立ってきたと言えます。年間数名程度ではありますが、当院で治療困難な患者さんは宮崎大学医学部附属病院や県立宮崎病院、熊本大学医学部附属病院、熊本赤十字病院などに転院して、より高度な治療を受けていただいております。転院は遠距離になるため、患者さんの病状、天候などに応じて、救急車や防災ヘリ、ドクターヘリなどを駆使して安全な転院搬送をおこなっています。当科ではスタッフ一同力を合わせて子どもたちの健康な生活を守っていきたいと考えております。
 

外科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  80 6.04 8.94 1.25% 78.65  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等  43 4.81 4.59 0.00% 74.07  
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし  35 7.89 9.99 2.86% 64.8  
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし  27 12.37 15.4 3.70% 71.89  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  25 6.6 6.93 4.00% 56.92  
【解説】
 一般外科治療をはじめ消化器癌や乳癌主体に取り組んでいますが、疾患の頻度からは胆道系の結石治療、鼠径ヘルニア、乳癌、の治療が上位を占めました。
 胆道結石については、胆嚢結石はほとんどが腹腔鏡下胆嚢摘出術を、総胆管結石はそのほとんどは内視鏡下に採石をおこなっています。
 乳癌については手術と薬物療法をおこなっています。
 結腸の悪性腫瘍の手術はほぼ80%は腹腔鏡で施行しております。       
 胆のう結石の治療も腹腔鏡でおこなっていますが、全身状態が不良で手術施行が困難な場合は内視鏡下胆のうドレナージを選択しています。
 

整形外科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等  193 23.99 26.42 73.58% 82.38  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし  48 5.67 4.86 2.08% 55.23  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等  44 22.68 20.14 52.27% 70.8  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等  32 26.25 22.44 75.00% 74.53  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし  26 15.85 15.6 34.62% 74.08  
【解説】
 最も患者数が多かったのは、股関節の大腿骨近位骨折です。高齢者に多く、軽微な転倒などで受傷します。骨折型によって骨折観血的手術と人工骨頭挿入術を選択します。2番目は手関節の骨折です。やはり高齢者が転倒して手をつくときに発生します。主に金属プレートで固定をおこないます。3番目と4番目は変形性関節症に対する人工関節置換術です。5番目は脊椎手術です。神経の圧迫をとる手術や必要に応じて固定術をおこなっています。
 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  55 14.8 19.58 67.27% 70.91  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  34 12.38 8.54 23.53% 70.35  
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  28 9.36 11.85 14.29% 76.11  
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし  22 20.09 23.28 81.82% 78.86  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  18 10.22 10.14 27.78% 71.78  
【解説】
 当科は宮崎県北地域の脳神経外科疾患を対象として診療をしています。通常、脳神経外科の対象は、脳卒中、神経外傷、脳腫瘍ですが、県北には神経内科の常勤医がほとんどいないため神経内科的疾患の急性期も診療しています。
 上記1位、及び5位がいわゆる脳出血です。重症例(5位)に対しては手術がおこなわれますが、当科では顕微鏡手術の他に神経内視鏡による手術もおこなっています。最近神経外視鏡という新しい器械に通常の手術用顕微鏡から移行してきています。後遺症を残す可能性が大きく、手術をおこなっていない症例の半分以上、手術になった症例は80%以上がリハビリ病院に転院となります。
 2位、および5位が外傷で、5位が手術をおこなった症例になります。通常の開頭術の他に。特に緊急性が高いような症例では救急外来で穿頭術をおこない、症例によっては良好な経過をたどっています。
 頭部外傷後の2ヶ月前後で慢性硬膜下血腫という疾患が出現する事があります。上記2位の疾患です。手術で完治することが多く、脳神経外科が治療に当たる疾患です。
 

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  89 8.48 10.06 1.12% 72.17  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病なし  23 7.65 8.6 0.00% 67.17  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし  16 10.06 13.49 18.75% 74  
【解説】
 当院では呼吸器内科と呼吸器外科で呼吸器センターを開設しております。肺の悪性腫瘍に対しては診断、手術、放射線治療、化学療法を呼吸器内科と共に一貫しておこない、診断から治療までを円滑におこなっております。
 手術症例はほとんどの症例で胸腔鏡を用いた低侵襲手術をおこなっております。これにより、高い根治性を目指すと同時に、低い合併症発生率と術後疼痛0を目指しております。さらに積極的離床、必要に応じたリハビリ介入をおこなうことで術後早期退院、早期社会生活復帰ができることを重視しています。
 化学療法はガイドラインに基づき、最新の抗癌剤を用いています。初回の抗癌剤投与は入院でおこないますが治療が軌道に乗れば外来化学療法に移行します。つらい副作用の予防とサポートを癌化学療法専門看護師や薬剤師と共におこないます。
 現役で仕事をしておられる方が仕事を続けながら安心して治療を受けられるように、仕事と治療の両立支援を積極的におこなっています。
 良性疾患に対する手術で多いのが気胸に対するブラ切除術です。当院の基本方針としては若年者の初回気胸関しては原則ドレナージによる保存的治療をおこない、再発症例で明らかなブラがある症例に対しては胸腔鏡下ブラ切除をおこなうこととしております。
 

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし  19 13.32 10.62 5.26% 76.16  
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2 1あり  14 23.93 21.78 42.86% 65.36  
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり  11 22.73 19.15 9.09% 76.55  
【解説】
 当科では、心臓、大血管、末梢血管、静脈疾患などに対する診療をおこなっております。冠動脈バイパス術や弁置換術、大動脈瘤切除術など一般的な手術のほか、緊急手術もおこなっております。20年以上の経験あるステントグラフト内挿術指導医が赴任したこともあり、令和元年度以降、ステントグラフト内挿術や大動脈関連の手術症例が増えてきております。
 

産婦人科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし  98 5.4 6.13 15.31% 0  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等  59 9.47 9.27 5.08% 49.29  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし  45 8.96 10.48 0.00% 54.62  
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし  42 11.02 5.25 0.00% 33.52  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等  39 9.41 9.38 2.56% 30.97  
【解説】
 当科では産婦人科に加えて周産期科としてNICU症例も取り扱っていますので、新生児疾患が含まれています。症例数第1位に2,500g以上の早産児、新生児低血糖、新生児一過性多呼吸、新生児仮死、その他もろもろの新生児疾患が含まれています。第2位は子宮筋腫等の良性疾患での子宮全摘術等、第3位は子宮の悪性腫瘍で手術療法、放射線療法、化学療法をおこなっています。第4位は妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠等の管理入院、第5位は胎児および付属物の異常で子宮内胎児発育遅延、子宮内感染、胎児心拍数モニター異常、常位胎盤早期剥離、羊水過多症、羊水過少症、等が含まれます。
 

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患  32 7.81 7.73 0.00% 30.34  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし  12 5.42 5.69 0.00% 45  
【解説】
 当科は、宮崎県北地域唯一の入院加療可能施設であり、手術目的以外の入院疾患では、急性扁桃炎・扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍などの急性感染症、あるいはめまいを主訴とした前庭神経炎やメニエール病、突発性難聴といった前庭機能障害などの急性期疾患を中心に入院加療をおこなっています。また、腫瘍性病変については適宜検査をおこなった上で、宮崎大学医学部附属病院への紹介などもおこなっております。
 

泌尿器科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
11012xxx02xx0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 定義副傷病なし  61 4.39 5.29 1.64% 64.64  
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり  36 2.25 2.45 2.78% 74.42  
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし  34 5.38 6.85 0.00% 77.68  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等  15 6.2 7.82 0.00% 77.2  
110310xx01xxxx 腎臓又は尿路の感染症 経尿道的尿管ステント留置術  10 16.4 13.78 0.00% 77.8  
【解説】
 入院患者数は上部尿路結石に対して手術を行った症例が61件と最多でした。次いで前立腺癌診断のための検査入院が36件と2番目に多かった。膀胱癌に対して経尿道的手術を行った症例は34件で3番目でした。
 

循環器内科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 166 4.49 4.26 0.00% 72.23  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  106 11.99 11.59 5.66% 71.48  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 94 8.51 9.89 3.19% 79.48  
050050xx9920x0 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 – 2あり 手術・処置等2なし 重症度等他の病院・診療所の病棟からの転院以外  64 3.39 3.22 0.00% 69.02  
050130xx9900x0 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 重症度等他の病院・診療所の病棟からの転院以外  64 15.56 17.54 18.75% 82.36  
【解説】 

 

上から

①狭心症で経皮的冠動脈インターベンションPCIをおこなった患者分類。
②急性心筋梗塞にてPCIをおこなった患者分類。
③ペースメーカ留置を行った患者分類。
④狭心症にて心臓カテーテル検査および付随する検査(冠動脈血流予備量比FFR,光干渉断層像OCT、血管内超音波IVUS)をおこなった患者分類。
⑤心不全にて治療を行った患者分類。

 狭心症の最終診断は画像検査でおこないます。近年は外来で造影CTによって診断できる症例が増えました。しかし、狭窄率が高度になると、内服治療か血行再建をするかの評価が必要です。このために行う心臓カテーテル検査が患者数④位の患者分類です。
心臓カテーテル検査を行う際にさらに詳細な検査(FFR、OCT,IVUS)を追加し、PCIの適応を判断することがあります。
カテーテルによる血行再建(経皮的冠動脈形成術あるいはステント留置術)が必要と判断した場合、先端に数ミリのバルーンがついたカテーテルを病変部に挿入して拡張し、必要に応じてステントと呼ばれる金属製の補強材を内挿します。程度によりますが、速ければ手術は20-30分で終了し、3泊4日の入院で完了する侵襲の低い手術で、体力のない高齢者でも受けることができます。この手術による入院が患者数①位の分類です。
冠動脈の狭窄が進行し閉塞をきたすと急性心筋梗塞を発症します。速やかに再灌流をおこなうためにPCIを行うのが患者数②位の分類です。
徐脈性不整脈に対してペースメーカ植込術を行った患者数が③位の分類です。心不全にて治療を行った患者数が⑤位の分類です。

 

救急科

DPCコード DPC名称 件数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし  23 12.52 13.61 47.83% 76.13  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  23 2.35 3.61 17.39% 38.87  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  21 2.29 8.54 4.76% 55.86  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし  18 12.22 21.11 44.44% 78.89  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし  15 3 10.14 20.00% 70.47  
【解説】
 令和4年度の入院患者数は3469人(前年度比較86.8%)となりました。
 疾患内訳での上位5疾患は、順位の入れ替わりがあるものの令和3年度と同じ上位5疾患でした。
 上位5疾患を内因性と外因性に大別すると、内因性では尿路感染症、誤嚥性肺炎の疾患を数多く担当しています。尿路感染症、肺炎等が重症化し腎臓・肝臓などの臓器が障害された状態を敗血症と呼びます。敗血症は対象臓器の専門診療科と連携をとりながら、当科が主治医となることも少なくありません。全身管理をICU病棟やHCU病棟でおこない、約2週間の抗生剤の投与を中心とした入院治療をおこないます。平均年齢も尿路感染症が76歳、誤嚥性肺炎が78歳とご高齢の方が多く、入院期間も他疾患に比較して長期になっておりますが、入院前と同レベルの生活を獲得するためにはリハビリテーションが必要となることが多く、継続的な治療のために近隣内科病院への転院率が高くなっています。
 外因性では、頭部打撲、脳震盪、頭部挫創などの頭部外傷が第3位、第5位となっており、あわせて最多の36件(21件+15件)となります。最後に睡眠薬などの医薬品中毒を含む薬物中毒が23件となります。薬物中毒にて入院される方は、精神疾患を患っていらっしゃる方が多いのが特徴です。当院は精神科常勤医師が不在ですが、入院加療にて身体的異常がないことを確認後に、精神科的治療の必要度に応じて、精神科病院への転院・受診を調整しております。
 この他にも専門的手術が必要な場合は専門診療科(外科・呼吸器外科・脳外科・整形外科・皮膚科など)に依頼し手術をおこないますが、気管切開、胸腔ドレーン留置などの処置・小手術は救命救急科にて施行しています。
 引き続き、全身管理を含む集中治療管理から一般病棟管理までを当科でおこない救命率向上を目指します。
 

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 25 49 14 22
大腸癌 19 21 28 57 20
乳癌 55 19 29 20
肺癌 63 25 41 152 12 98
肝癌 10 10
【解説】
 UICC病期分類でStageⅠからStageⅣに分類されています。
 「初発」とは、当院入院で、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指し、延べ患者数とします。
 「不明」とは、治療前の情報のみでは正確な病期分類ができていないことを指します。
 「再発」とは、初回治療が完了した後、当院で患者を診察した場合や、治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指し、延べ患者数となっています。
 がん腫で患者数が一番多いのは肺がんで、StageⅣの患者さんが一番多くなっております。
 当院呼吸器外科にて診断から手術、術後の放射線治療、化学療法まで一貫して行えます。
 また、当院は宮崎県がん診療指定病院となっており、がん看護専門看護師、がん化学療法認定看護師が患者さんやご家族をサポートするとともに、院内に設置されたがん相談支援センターでは、がんに関するあらゆる相談に対応するなどがん患者さんへの支援体制を整えています。
 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症
中等症 48 15.25 76.90
重症 20 14.50 83.85
超重症 10 8.7 82.2
【解説】
 嚥下性肺炎やウイルス性肺炎は含まれず市中肺炎(社会生活を送っている中で罹患した肺炎)のみの統計となります。
高齢者がかかると重症になる事が多い疾患で中等症の患者が一番多くなっています。重症度に比例して平均在院日数、平均年齢が上がる傾向がみられるといわれています。
 

5.脳梗塞の患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 72 16.71 76.14 68.06%
その他
【解説】
 「脳梗塞」は、脳の血管が詰まり、血流がストップした状態で脳組織が壊死(梗塞)した状態になります。
  当院では第二次救急医療として24時間受付の救急外来があり、脳梗塞を発症から3日以内に受診された重症な患者が多くなっています。
 

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

※患者数が10件未満のものは非公開(-)としております。

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 48 0 1 0.00% 67.88  
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 27 12 18 3.70% 69.81  
K654 内視鏡的消化管止血術 25 3 13 8.00% 74.92  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 3 8 20.00% 72.64  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm以上 15 0 1 0.00% 61.2  
【解説】
 最も多くおこなわれた手術は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)です。下部消化管内視鏡検査で大腸ポリープが見つかった場合は、検査から治療に切り替えてポリープ切除をおこないます。高齢の患者さんも多いため術後1泊入院することがあります。 第2位は末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純)で腎臓内科が担当します。患者はほとんど地域の医療機関からの紹介です。内視鏡的消化管止血術は吐血の患者さんに対し、緊急で施行することが多い術式です。

 

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 71 2 7 8.45% 79.75  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置 61 1 4 1.64% 66.05  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 1 5 3.57% 61.91  
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 44 1 3 0.00% 73.23  
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 26 1 4 0.00% 78  
【解説】
 重篤な胆管炎や手術ができない膵胆道系悪性腫瘍による黄疸や胆道感染症に対する治療として、内視鏡下にステント留置が体にやさしく有用で、最近増加傾向にあります。                                                          2番目は 消化器や乳腺の悪性腫瘍に対して長期的に化学療法を安全におこなうことを目的に埋め込み型カテーテルを体内に埋め込む治療です。免疫チェックポイント阻害剤の適応が拡大して、その効果も優れており、化学療法を行う患者さんが近年増加しています。                                                     
 3番目は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。炎症が高度で操作の安全性が担保できない場合は開腹手術に移行することがありますが90%以上は腹腔鏡手術で完遂しています。
 4番目に多い治療は鼠径ヘルニア手術です。腹腔鏡下手術も対応しています。
 5番目は総胆管結石に対して内視鏡下に採石をおこなう治療です。低侵襲で早期に退院も可能となり、その成功率も高いため、開腹手術が必要な症例は著減しています。
 

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 156 3 20 67.95% 80.06  
K0821 人工関節置換術 83 1 22 61.45% 71.59  
K0811 人工骨頭挿入術 80 5 19 68.75% 81.69  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 65 2 14 21.54% 63.25  
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除   35 4 12 42.86% 73.37  
【解説】
 一番多いのは外傷による骨折に対する骨折観血的手術です。上肢から下肢まで多様な部位の骨折があり、当院では高齢者の軽微な外傷や交通事故や転落など高エネルギー外傷の両方とも治療をおこなっています。2番目は変形性関節症に対する人工関節置換術です。3番目に多いのは股関節の大腿骨近位骨折に対しておこなう人工骨頭挿入術です。5番目に多いのは脊椎手術です。神経の圧迫をとる手術や必要に応じて固定術をおこないます。
 

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 42 1 9 21.43% 75.5  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 10 1 22 40.00% 64.1  
【解説】
 最も多くおこなわれたのは慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術でした。これは、頭部外傷後しばらくたってから、頭蓋骨と脳との隙間に血液がたまり脳を圧迫する病気です。頭を打って1~2ヶ月してから頭痛や麻痺などの症状が徐々に出てきます。局所麻酔で頭蓋骨に小さな孔をあけて、血腫内を洗浄し、血腫を排出させる管を一晩留置します。手術時間は30分~1時間程度です。
 2位は脳動脈瘤頚部クリッピング術です。脳動脈瘤は破裂することにより主にくも膜下出血の原因となります。くも膜下出血等を起こした場合、一般的には72時間以内に再破裂の予防のためクリッピング術をおこないます。未破裂脳動脈瘤の場合は予定手術でクリッピングをおこなおこないます。近年ではカテーテルを使用した動脈瘤のコイル塞栓術もおこなっています。
 ここ数年手術になる脳出血の症例が減少しています。原因は不明ですがコロナ禍の影響があった可能性があります。脳室ドレナージ、内視鏡下脳内血腫除去の症例数も減少しています。数は多くありませんが脳腫瘍摘出術をおこなっています。当院では転移性脳腫瘍、髄膜腫といったものを対象にしています。神経膠腫の手術もおこなってきましたが近年神経膠腫の診断に遺伝子検査が必須となり、特に若い症例は大学病院に紹介することが多くなりました。
 

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 34 2 6 0.00% 69.74  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 27 2 4 0.00% 70.52  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 20 3 8 0.00% 77.6  
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 11 4 6 0.00% 44.73  
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 10 3 5 0.00% 75.7  
【解説】
  悪性腫瘍手術手術では、可能な限り部分切除や区域切除等、肺機能を温存した術式をおこなっています。
 ほとんどの症例を低侵襲な胸腔鏡下手術でおこなっています。
 患者さんが一人暮らし、遠方、高齢、体力が低下しているなどの場合、入院期間が長くなる傾向があります。手術リスクの高い患者さんでは手術合併症を減らすために、術前後のリハビリや積極的な術後管理を少し長めの入院によりおこなっています。
 患者さんの術後の生活の質の維持・向上と同時にめざすべく、患者支援センターと連携し速やかで確実な社会復帰を実現するよう努めております。
 

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 21 3 11 14.29% 77.67  
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 11 3 9 9.09% 72.64  
               
               
               
【解説】
 当科では、心臓、大血管、末梢血管、静脈疾患などに対する診療をおこなっております。大動脈瘤切除術など一般的な手術のほか、緊急手術もおこなっております。20年以上の経験あるステントグラフト内挿術指導医が赴任したこともあり、令和元年度以降、ステントグラフト内挿術や大動脈関連の手術症例が増えてきております。
 

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 113 1 7 2.65% 51.35  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 89 7 7 5.62% 30.27  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 42 1 8 0.00% 53.52  
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 37 5 7 2.70% 32.41  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 26 1 2 0.00% 32.27  
【解説】
 第1位は子宮全摘術で良性疾患、上皮内癌、初期子宮体癌に対する子宮全摘術です。腹式子宮全摘術に加えて腟式子宮全摘術も積極的におこなっています。第2位は緊急帝王切開術、第4位は選択的帝王切開術です。2次周産期施設である当院では緊急帝王切開術が多くなっています。第3位は子宮附属器(卵巣・卵管)腫瘍の手術で開腹でおこなっています。第5位は子宮頚部異形成等に対する子宮頚部円錐切除術です。
 

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃摘出術 31 1 6 0.00% 33.32  
               
               
               
               
【解説】
 当科は、宮崎県北地域唯一の手術可能施設であり、口腔・咽頭疾患である慢性扁桃炎、小児のいびき・睡眠時無呼吸症に対する口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除術を中心に手術をおこなっています。また、慢性副鼻腔炎・鼻茸に対する内視鏡下手術や、慢性中耳炎に対する手術、声帯ポリープ、喉頭腫瘍に対する喉頭鏡下手術なども必要に応じて行っております。
 

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 57 1 3 1.75% 64.56  
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 40 1 3 2.50% 77.22  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 27 1 13 7.41% 72.63  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 16 2 7 0.00% 68.19  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術 ホルミウムレーザー又は倍周波数レーザーを用いるもの 11 1 3 0.00% 77  
【解説】
 手術件数は上部尿路結石に対してホルミウムレーザーを使用した経尿道的尿路結石除去術が57件と最多でした。2番目は、膀胱癌に対しておこなった経尿道的膀胱腫瘍切除術が40件でした。3番目は尿管結石や尿管狭窄に対しておこなった尿管ステント留置術、4番目は腎癌や腎盂・尿管癌に対しておこなった腹腔鏡下腎摘出術・腎尿管全摘除術でした。
 

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 101 2 3 3.96% 71.5  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 79 0 14 6.33% 71.53  
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの) 高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの 48 3 4 2.08% 74.54  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 46 1 7 8.70% 79.15  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 42 0 8 9.52% 73.4  
【解説】
 年齢とともに動脈硬化は進みますが、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常症、タバコ、遺伝などの要因により動脈硬化が促進されます。その結果、心臓を養う冠動脈に動脈硬化による狭窄が出現すると、その末梢の心筋は十分な血液を受け取れず、虚血(栄養や酸素の不足)状態になります。これが「狭心症」の状態ですが、さらに、動脈硬化が進展し血栓で閉塞すると、血流が途絶し、「心筋梗塞」を発症します。その間のつまりかかった状態が「不安定狭心症」です。
狭心症に対する予定された経皮的冠動脈ステント留置術が第1位です。そして、急性心筋梗塞に対する緊急の経皮的冠動脈ステント留置術が第2位、不安定狭心症に対するものが第5位でした。これらは、腕の血管から細いカテーテルを心臓の冠動脈まで進め、狭窄あるいは閉塞部位を拡張しステントを留置する方法です。これらカテーテル治療に、365日24時間対応しています。
近年、動脈硬化が進行し石灰化病変を伴った狭心症も増加しております。このような症例にはロータブレータと呼ばれる高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルを使用して石灰化を削り取る処置が必要となります。ロータブレータを用いた手術が第3位となっています。
第4位は徐脈性不整脈に対するペースメーカ植込術で、近年高齢化もあり増加傾向です。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 17 0.30%
180010 敗血症 同一 65 0.87%
異なる 36 0.52%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 33 0.44%
異なる 15 0.30%
【解説】
 敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などに合併する例が多いのですが、当院では敗血症そのもので入院された患者さんが多い傾向を示しています。入院中に合併症を起こさない様にしていますが、患者さんを紹介、救急のみで受け付けているので、重症な患者さんが多く、入院中に合併症になる患者さんも一定数いらっしゃいます。
 手術・処置等の合併症の主なものは、動脈や透析用シャントの閉塞・再狭窄・機能低下・感染症の他、術後感染、術後出血となっています。診療科で見ると心臓血管外科、整形外科、内科、外科が多く、これらで半数を超えてますが、いずれの診療科の手術も患者さんの負担が大きいため、患者さんの状態が良好でない場合は合併症がみられることがあります。
 

更新履歴

2023/09/27
「令和4年度 病院情報の公表」 作成