総合 >  各診療科等の紹介  > 臨床検査科

臨床検査科

臨床検査科の紹介

臨床検査科の理念

 

「迅速かつ正確な検査を通じて患者さんの診療支援を行います」

臨床検査科の理念
「迅速かつ正確な検査を通じて患者さんの診療支援を行います」
 

臨床検査は、患者様から採取した血液、尿などさまざまな検体の分析を行う検体検査と、心電図・超音波・肺機能など、体から直接測定して得た情報により、各部位の機能を調べる生理検査の二つに大別されます。
これらのデータは診断の指標や治療の効果を見るためには不可欠で、業務が途絶えることがないよう24時間体制(時間外は2名)で臨床検査技師が検査業務を行っています。
患者様へのより良い医療の手助けになれるよう、臨床への迅速で正確な情報の提供を心がけています。

臨床検査業務は、病理診断科と合わせて医師2名と臨床検査技師24名(正規職員19名)で構成されています。
「臨床検査」は内容が多岐にわたり、さまざまな分野に分かれています。各部門を簡単に紹介します。

検体検査部門

  • 生化学検査

    血液中の蛋白質、脂質、糖質、各種酵素を測定し、肝機能、腎機能や炎症の度合いなどを調べます。また、肝炎ウイルスや甲状腺ホルモン、各種腫瘍マーカーも調べます。
  • 血液・凝固検査

    血液検査では、赤血球・白血球・血小板などを測定します。ヘモグロビン濃度で貧血の度合いがわかります。白血球は、炎症(感染症)や白血病などで高値になることがあります。血小板は止血の働きがありますので、低下すると出血しやすくなります。凝固検査は、血液がかたまる機能や、血栓症の原因となる凝固異常を調べる検査です。
  • 一般検査

    尿では腎機能障害、尿路系疾患、糖尿病などを調べます。便では下部消化管のわずかな出血を検出することで、大腸がんの早期発見につながります。
  • 輸血検査

    血液型や輸血される血液(献血により得られたもの)と輸血を受ける方の血液が適合するかどうかを調べます。
  • 細菌検査

    喀痰や膿、血液等あらゆる検体から感染症の原因となる細菌などがないか調べます(結核菌、MRSA,インフルエンザなどの各種病原菌)。また、院内感染情報の提供やラウンドに参加するなど院内感染対策の一翼を担っています。

生理検査部門

心電図や超音波など、患者様の体に触れて行う検査で、身体での微弱な電気的現象を電気的、物理的にとらえ、その変化を記録して行います。

  • 心電図検査

    心臓から発生している弱い電気を、心電計で増幅し記録する検査で、心拍数やリズム、心の状態を調べます。安静時心電図、負荷心電図があります。
  • ホルター心電図検査

    小さな記録器を装着していただき、24時間連続で心電図を記憶します。心拍の不整や、心筋の変化等を見つけます。
  • 超音波検査

    超音波を使って臓器や血管を描出し、病変の有無や動脈硬化、機能を調べます。対象臓器は 臓、腹部、頸動脈、血管、乳腺、甲状腺などです。
  • 肺機能検査

    肺の容積や空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査で、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患などの肺疾患の診断や重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の判定にも使われます。また、全身麻酔を要する手術前検査にも使われます。
  • 脳波検査

    大脳から発生している弱い電気を、脳波計で増幅し記録する検査で、てんかん、脳の器質的疾患、脳炎、脳代謝に関する疾患を調べます。
各種認定資格(平成28年5月1日現在)
  • 認定輸血検査技師 2名
  • 認定超音波検査士 4名 ※資格の重複あり
    (循環器4名、 消化器3名、 血管2名、 泌尿器2名、産婦人科1名、体表2名、健診1名)
  • 血管診療技師  3名
  • 認定血液検査技師  2名
  • 骨髄検査技師  1名
  • 細胞検査士  2名
このページの先頭へ