当院の外科では、良性・悪性の消化器疾患や乳がんの診断と治療(手術・内視鏡・化学療法・放射線治療) や小児外科領域の治療も行っています。 食道、胃から大腸、肛門までの消化管と肝、胆、膵に関する消化器外科以外に乳腺外科や鼠径ヘルニアや虫垂炎等の小児外科まで対応しています。

診療内容

外科で取り扱う疾患は食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、肝臓癌、胆膵癌などの悪性疾患や良性疾患は鼠径・大腿・閉鎖孔等のヘルニアや胆石や救急疾患として消化管穿孔等による腹膜炎や虫垂炎、腸閉塞について対応いたします。 診断や治療方針は当院消化器内科と外科との間で治療前検討会を行い決定されます。 手術が必要な疾患は手術を行いますが、比較的早期の胃癌や大腸癌、直腸癌は近年腹腔鏡手術の比率が増加しています。 また虫垂炎や胆のう結石症のほとんどは腹腔鏡手術が可能です。 腹腔鏡手術は傷も小さく痛みも軽く、体に優しい治療であるため、その長所を十分生かした治療を目指して行きます。 抗がん剤や内分泌療法や放射線治療を行うことにより、手術ができなかった悪性腫瘍が縮小して手術可能となる症例も多数経験しており、病態に応じた集学的治療も行っております。 総胆管結石や手術ができない悪性腫瘍による胆道狭窄、消化管閉塞に対する内視鏡下治療(結石除去やステント留置)も行っています。また大腸癌による閉塞に対してはステント留置を行なってから手術を行なっており、以前のように人工肛門を造設することがほとんどなくなりました。

専門分野・特色

当院は日本外科学会・日本消化器外科学会・日本消化器病学会日・日本消化器内視鏡学会・日本乳癌学会・日本がん治療機構の認定修練施設です。 専門性を持った検査と内視鏡治療や手術が行うことができます。 学会報告や論文作成等の学術活動も県内有数の業績をあげています。

外科で使用している主な化学療法レジメン

  1. 食道癌 DCF(ドセタキセル+CDDP+5-FU)、 Low dose F-P など4種類
  2. 胃 癌 SOX(オキサリプラチン+TS-1)、DCS(ドセタキセル+CDDP+TS-1)
    CPT-11+レンチナン+TS-1 など5種類
  3. 大腸癌 mFOLFOX6(2週毎)、FOLFIRI+アバスチン(2週毎) など5種類
  4. 膵 癌 GEM単独3週毎、GEM+TS-1、GEM+CDDP など5種類
  5. 乳 癌 CEF、パクリタキセル+ハーセプチン[Weekly] など10種類