院長のごあいさつ

宮崎県立延岡病院のホームページにようこそ 

院長の「寺尾公成」でございます。

当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。コロナ禍の世の中になって3年目に突入する令和4年度の幕開けとなりましたが、謹んでご挨拶申し上げます。

 当院は、昭和24年12月に開院以降、宮崎県北地区(延岡・西臼杵地区、日向・東臼杵地区)の中核病院として地域医療に貢献を続け発展して参りました。現在、診療科21科・医療法許可病床数410床(厚生局届出病床数388床)を有し、全診療科に及ぶ救急医療をはじめとして、悪性腫瘍に対する集学的医療、様々な合併症を有する高齢者医療、ハイリスク小児・周産期医療など、高度医療を必要とする二次、三次医療の提供が当院に課せられた責務であります。また、内科や外科といった各診療科での診療に加え、複数の診療科が合同で実践する「救命救急センター、集中治療センター、心臓脳血管センター、周産期センター、消化器センター、呼吸器センター」といったセンター構想のもとで医療を展開するのも当院の特徴です。決して多いとはいえない医療資源を有効に利活用して、医療を提供していく仕組みになっています。

 令和3年4月に始動した宮崎県初の「救急車型ドクターカー」は1年を迎え、宮崎県北の地(延岡・西臼杵、日向・東臼杵)を縦横無尽に駆け巡って、救命活動の一翼を担っています。すでに県内一円を飛び回っている医療用ヘリコプター(ドクターヘリ、防災ヘリ)とあわせて、攻めの救急医療体制が一層強固なものとなり、いわゆる「病院前救急」の実践が現実味を帯びてきました。

 令和元年度にスタートした「心臓脳血管センター」での循環器疾患に対する診療は、4年目を迎えて着実に軌道に乗り、まさに当院の理念である「良質で安全な医療の提供」が実践可能となってきました。加えて、脳卒中を主体とした「遠隔診療支援システム」が導入され、いよいよ「心臓脳血管センター」内の第3室、すなわちハイブリッド手術室(仮称)で医療が展開される日が近づいて参りました。循環器疾患に加えて脳血管疾患や重症外傷など一刻を争う救急疾患に対して、待ったなしの高度医療がタイムリーに営まれていくことになるでしょう。

 「新型コロナウイルス感染症」という目に見えぬ難敵を打破すべく、そして今後更に進化していくであろう医療の世界を見据えて、職員一丸となって邁進しく所存でありますので、皆様方の温かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

“医療とは、理路整然とした科学と、心溢れる情熱の融合である。”

令和4年4月
宮崎県立延岡病院
院長 寺尾公成てらおきみなり